パソコンの画面を見る男性

今やマーケティングを行うにあたり、SNSの存在は欠かすことができません。SNSの利用者は企業や個人問わず年々急増しており、新規サービスが開始したばかりで少ないものでも数百万人程度、長年にわたり運営しており特に人気の高いものでは22億人も超える地球規模のサービスもあります。

日本国内のテレビの視聴率では1%あたり約40万人程度で、ゴールデンタイムの大人気番組の基準といわれる20%だとしても800万人にしか過ぎずコマーシャルを放送するとなれば数千万円もの経費が必要です。一方のSNSではパソコンやスマートフォンなどの端末とインターネット回線さえあればほんの一瞬で数多くの人々にローンチできるため、従来の方法と比較して効率的な活用を行えます。

これまでは集客を行うためにはサーチエンジンの検索結果にアフィリエイトサイトへのリンクが表示されるように反映されることが重視されており、これを実現するためには利用者自らが能動的にオーガニック検索を行ってから本人の判断でクリックをしてアフィリエイトサイトにアクセスしてもらうのに加えてECサイトへと誘導する必要がありましたが、今や日常的にアクセスすることが習慣化しているSNSであれば、より多くの個人や企業に閲覧してもらえる可能性が圧倒的に高まります。

タイムラインやスレッドでは商品やサービスの紹介をするのはもちろんのこと、ECサイトへの誘導を行えばそのまま購入してもらうことも可能です。オーガニック検索からアフィリエイトサイト、さらにECサイトへと誘導するという何段階ものプロセスを経る必要はなくなり、SNSの記事からダイレクトにECサイトへとスピード感を持って誘導できます。

マーケティングの成果はすぐに現れ、流行に敏感なSNS利用者は良い製品だと思えばすぐにそれを紹介してくれるため、最初に投じた情報よりもさらに多くの範囲に波及していくのも他のメディアには無い大きなメリットです。これまではそれらを集計するための時間とコストがかかりましたが、SNSならばハッシュタグなどを検索して現れた数と実際に商品が売れた数を照らし合わせるだけでその効果をすぐに調べることができます。

ブランドイメージも実際に購入したことを報告していたり、好意的な感想が述べられている投稿など利用者の手によって高めてもらえるだけではなく、調査を行う場合もこれらのSNSの反応を見れば一目瞭然です。SNSを活用すれば集客からマーケティング、商品やサービスを購入してもらい、さらにはブランドイメージも高めてくれるというさまざまな効果をもたらします。

記事一覧

SNSを利用した集客やマーケティングを行うには、さまざまなツールを駆使してある程度の自動化をするのは...

SEOとはSearchEngineOptimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化と呼ば...

YouTubeは世界一の動画投稿サイトで、個人ユーザーから企業まで毎日数え切れないほどのコンテンツが...

ソーシャルネットワークのアイコンを表示キーボード

LINE WORKSは、あの連絡ツールとして世界的に有名となったLINEのビジネス版で、ビジネスのシ...

パソコンで作業する男性

Facebookとは元々は卒業アルバムを意味する言葉で顔写真と名前、プロフィールなどを掲載し、データ...

パソコンで作業する美人

instagramは原則としては一般ユーザーが趣味で利用することが想定されていますが、その活動はin...

ソーシャルネットワークのアイコン

Twitterは短文が投稿できる気軽さに加えて写真や動画も添付することができ、短時間に数多くのユーザ...