• ホーム
  • ネットショップでSNSを用いない集客方法はSEO!SEOって何?

ネットショップでSNSを用いない集客方法はSEO!SEOって何?

SEOとはSearchEngineOptimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれています。大手サーチエンジンのGoogleで提供されているサービスで、オーガニック検索を行った際の検索順位に反映される内容に影響を与えます。元々はユーザーが求めていた情報に辿り着きやすくするためにユーザービリティを高めるためのものでしたが、やがてそれはビジネスの視点からアレンジされアクセス数を稼ぐための方策としても応用されています。

Googleアドセンスと併せて利用することが多く、ネットショップなどにアクセスしてもらうと表示される広告による収入も得られます。検索順位は常に他のサイトとの厳しい競争の中にあり、SEO対策とサイト改善を怠らないことが大切です。

欧米の専門機関などの調査結果では、ユーザーが何かを調べたくてGoogleなどのサーチエンジンを利用して検索をした場合、ほとんどのケースで検索上位の数件をクリックするが後は面倒になって閲覧をしないというデータが出ており、ネットショップなどでオーガニック検索からの集客を上げるためにはSEO対策を行って検索結果の上位に表示させるのは重要な要素です。

SEOには有料サービスもあり、一定の料金を支払うことで検索結果に最優先に表示させたり広告として別途表示させる方法もありますが、費用対効果から余程の巨大な企業でなければ採算が合わないことから中小企業は個人ではほとんど利用されることがありません。その一方でSEO対策はちょっとした工夫で飛躍的にアクセス数の伸ばせることからコスパの高い方法です。

SEO対策の最も簡単な方法は、トレンドとなっているホットワードをコンテンツに記載してオーガニック検索からの流入を狙うという方法ですが、Googleによる検索エンジン最適化サービスからの審査が定期的に行われてホットワードとコンテンツの内容が一致しているのかなどが評価され、もしも集客目的でコンテンツと異なるホットワードが埋め込まれていた場合にはサイト改善が求められるのはもちろんのこと、もしも応じなければアドセンスの広告収入を止められるなどの厳しい措置が取られます。

SEOを用いた集客方法は検索エンジン最適化によりユーザービリティが高められた状態で求めていた情報に辿り着けたユーザーは一定の高感度を持って評価し、高確率でその商品やサービスを購入してもらえる可能性があります。さらにアドセンスにより広告収入が得られるという、いくつものメリットがあるコスパの高い方法です。

関連記事