• ホーム
  • 雑誌や新聞などの紙媒体メディアは将来消え失せる!

雑誌や新聞などの紙媒体メディアは将来消え失せる!

幅広い世代に情報を届けられることを意味するリーチでは、現時点では雑誌や新聞などの紙媒体メディアは健在ですが、やがて電子媒体へ移行することが予想されています。2018年からは国会でも一部の委員会では議場内にタブレット端末やノートパソコンなどの持ち込みが許可されるようになったほか、2019年にはデジタルファースト法案が提出され、限られた資源やCo2削減などの目的から可能な限り電子媒体に移行するという取り組みが始まろうとしています。

現在ではデジタル機器を取り扱えない人々が対応できずに取り残されてしまうデジタルディバイドという言葉がありますが、紙媒体の衰退と新時代の到来と共にこの言葉も死語になることが考えられます。この背景には2020年に小学校で必修化されるプログラミングで、デジタル機器や電子媒体メディアに触れることやプログラミングができて当たり前という世代に入れ替わる将来がやって来ます。

商業の分野でも紙媒体のチラシやカタログを眺めることも無くなり、スマートフォンで専用サイトにアクセスして閲覧して商品を選べるサービスも徐々に増えています。これらのメリットは1ヵ所に用意すればあとはユーザーに閲覧してもらえば良く、紙媒体を印刷するコストや時間も必要無くなります。

電子媒体は大変便利な物ですが手軽に利用できるメリットがある一方で、その多くがコンピューターや電気に依存しているというデメリットもあります。停電が発生すれば一切の閲覧や取引が行えなくなったり、最悪の場合はデータが消失して復元が不可能であることもあり得ます。電子チップを備えたカードも静電気や磁気に弱く、意外と簡単に壊れてしまうのも致命的なデメリットです。そんな時でも紙媒体であれば電気が無くてもオフラインで取り扱うことができるため、このあたりが電子媒体のメリットは踏まえつつも移行が一気に進まない理由でもあります。

そうは言っても電子媒体への移行は留まることを知らず、安全性や耐久性、セキュリティを高めるための改良も行われており、今度は電子決済が主流となり財布すら持ち歩かなくて済むキャッシュレス社会も目前に迫っています。大手スマートフォン会社でも新サービスを開始を発表し、毎月定額で端末から新聞や雑誌が読めたり、カードの存在しないアプリのクレジットカードを提供するなど、まずはアメリカ国内のみのサービスですがいずれかの段階で日本でもサービスが開始されることが予定されています。

将来的には個人のコレクションとして紙媒体の新聞や雑誌、カタログ、チラシなどを集めるという行為は根強く残る可能性はありますが、将来的には確実に衰退し電子媒体に取って代わる日がやって来ます。

関連記事