• ホーム
  • Facebookは個人と企業が接点を持てるビジネスツールとしての側面も

Facebookは個人と企業が接点を持てるビジネスツールとしての側面も

パソコンで作業する男性

Facebookとは元々は卒業アルバムを意味する言葉で顔写真と名前、プロフィールなどを掲載し、データベースを検索をしてかつての友達と出会ってコメントや写真の投稿のやり取りでコミュニケーションを図るというコンセプトのサービスでしたが、時代の流れと共にさまざまな活用が行われています。

アカウントを開設する際には原則実名登録が義務付けられているほか、公的身分証明書を提出して本人確認を行い、これらに虚偽があった場合はアカウント停止などの厳しい措置が取られます。そのため、一定期間以上運用されているアカウントであれば、間違いなく本人であることが証明されるのも大きなポイントです。

Facebookではウォールと呼ばれている場所に写真や文章を投稿してコミュニケーションができますが、文字数制限は当初は400文字程度でしたが現在はアップデートにより6万文字以上となり、長文の投稿ができるのが他のSNSには無い特徴です。また、それらの投稿は全てのユーザーにオープンにできるほか、友達登録をしたユーザーにしか公開しないように制限をかけることも可能です。

そんなFacebookでは極めて信頼性の高い情報がアカウントに登録されていることから、個人と企業が接点を持てるビジネスツールとしての側面も持ち合わせています。個人だけではなく企業もアカウントの開設にあたっては厳格に確認が行われるため、企業の公式アカウントを名乗っているのであればそれが間違いなくその企業のものであると確認できます。

また、Facebookでは生年月日や職業、趣味なども登録するため、ユーザーの属性が明らかであるため顧客のターゲットを絞った効果的な宣伝やマーケティングも行えます。ビジネスのシーンでは、他の匿名性の高いSNSならば商品やサービスに関する意見や苦情が寄せられてもその信憑性からどのように対応するのか迷うところですが、顔写真を掲載し実名登録をしたユーザーから公式アカウントに寄せられた意見であれば間違いの無いものだとして受け取ることができ、今後の商品開発やサービスの改善などに役立てられます。

これらのやり取りも文字数制限が6万文字以上と極めて多いことから、詳細な意見の交換を行うことができるようになり、個人と企業の距離を縮めることに成功しています。厳格な確認が行われて登録された企業の公式アカウントからの宣伝であれば、間違いなくオフィシャルなものであると確認できることから大きな訴求力を生み出します。

関連記事