• ホーム
  • Twitterを用いたマーケティング戦略とは?

Twitterを用いたマーケティング戦略とは?

ソーシャルネットワークのアイコン

Twitterは短文が投稿できる気軽さに加えて写真や動画も添付することができ、短時間に数多くのユーザーに商品やサービスのマーケティングを行うことができます。良いものであれば瞬く間に拡散され、悪いものであればほとんど拡散されないため商品やサービスの宣伝であるのと同時にマーケティング調査や訴求力の調査が行えるのも大きなメリットです。

宣伝活動を行いたい場合には、他のメディアであればサーチエンジンから検索して辿り着いてもらったりサイト名やURLを公表して訪問してもらう方法がありますが、これでは見つけてもらえなかったりアドレスの間違いなどによりアクセスしてもらえないのであれば意味はありませんでした。

一方のTwitterであれば、ハッシュタグを紹介するだけでユーザーがハッシュタグ検索を行えば該当する投稿に絞り込んで閲覧することも簡単に行えることから、サーチエンジンで検索してもらいECサイトへと誘導するよりも遥かに手軽にローンチや集客が行えます。

Twitterでは文字数に制限があることから多くの文章を投稿することはできませんが、その代わりシンプルで分かりやすい言葉で伝え、続きを見てみたいと感じさせればECサイトや商品紹介サイトへ誘導しやすくなるのもメリットです。また、Twitterでは短縮URLが利用できるので文字数の制限をあまり気にすることなく投稿にリンクを添付することも可能です。

それと併せて写真や動画があればより効果的に商品やサービスを知ってもらうことができます。Twitterの大きなポイントは、リツイートボタンを押すだけでその投稿を自身のアカウントのタイムラインに転送できるところです。Twitterでは自身が良いと思った投稿をリツイートして他のユーザーにも見てもらいたいという習慣があり、それを見たユーザーも良いと思えばさらにリツイートをするので投稿は次から次へと拡散していきます。

本来ならばマーケティングを行う際には、商品やサービスを提供する側が多くの人々に知ってもらうために宣伝活動をしなければならないところ、ユーザー自らが拡散をしてくれるので時間やコストを大幅に削減できるにも関わらず大きな効果を発揮します。やがてユーザーがその商品やサービスを気に入ってくれて公式アカウントのフォロワーとなってくれるまでに至れば、そのユーザーが間接的な紹介者の役割を果たし集客に大きな貢献を果たしてくれます。

関連記事